なぜナットウキナーゼは腸内環境に良い影響があるのか

最近、ナットウキナーゼという言葉を聞くようになりました。納豆という名前が付いていますが、まさにその食材に含まれている成分になります。タンパク質の一種ですね。
ここ最近、ナットウキナーゼに関係する商品は、ドラッグストアなどでも多く陳列されている傾向があります。現に本日の私はあるドラッグストアに足を運んだのですが、そこでもナットウキナーゼの商品が販売されていたのですね。確かサプリメントでした。

 

善玉菌を増やし発癌物質を減らしてくれるナットウキナーゼ

 

ところでナットウキナーゼは、腸内環境にはとても良いと言われています。それには主に3つの理由があるようですね。
ナットウキナーゼの中には、お腹の中で生息してくれている善玉菌に働きかけてくれるそうです。ナットウキナーゼを摂取しますと、善玉菌の数は増える傾向があるようですね。また悪玉菌の数は、逆に減る傾向があります。もちろん善玉菌が増加してくれれば、腸内環境は良くなってくれるでしょう。
またナットウキナーゼは、発癌物質にも関わってくるようですね。お腹の中には発癌物質を作ってしまう菌類が生息しているのですが、その働きを抑えてくれると言われています。

 

血液の流れを良くしてお腹の環境を整えてくれる

 

このようにお腹の中の菌類に働きかけるのがナットウキナーゼのメリットなのですが、もう1つ見落とせない点があります。血液の流れの改善ですね。
ナットウキナーゼを摂取しますと、血液の流れは良くなってくれるのだそうです。ドロドロな血液が、サラサラになるようなイメージですね。
腸内というのは、血液の状況にも左右される一面があります。血液が健やかであれば、それをエネルギーにしている腸の筋肉も活発に働いてくれるでしょう。もちろんその筋肉がよく動いてくれれば、腸内環境も良くなると見込まれているのです。
このような3つの理由で、ナットウキナーゼは腸内環境を整えてくれると言われています。